日勤常勤看護師として働くメリット

日勤常勤看護師 > 日勤常勤看護師は安定した職業

日勤常勤看護師は安定した職業

皆さんは、看護師と言う職業にどのようなイメージをお持ちでしょうか?日勤常勤看護師求人の仕事と言うのは、人の役に立つ仕事であり、このことが看護師の最大の魅力と言えるでしょう。看護師は、患者さん、つまり助けるべき人を相手にした仕事であり、人の役に立っていると感じられる、やりがいを持って取り組める職業です。

これから日本は高齢化へと向かいます。 そうすると、ますます必要とされる場が増えることが予想されます。 不況であっても、看護師の仕事が無くなることはなく、就職先に困ることはありません。 いつの時代にも必要とされる職業なので、他の職種に比べて、お給料も高めになっています。

ですが、看護師の需要の多さに引き換え、看護師の数は全く足りていないのが現状です。診療科目によっても、看護師の数に差があり、小児科や産婦人科などは特に人手不足の傾向にあります。
保育園看護師って小児科の経験必要?

一概に看護師と言っても、その仕事や働く場所は様々あります。 病院、診療所は言うまでもありませんが、その他の医療施設や企業、官公庁などにお勤めしている看護師の方もいらっしゃいます。 その時々のご自分のライフスタイルに合わせて、様々な職場の中からご自分に適した場所で適した働き方を選択することができるのです。 今後、高齢化が進むにつれて、ますます医療が多様化すると考えられますから、看護師が必要とされる場はさらに広がって行くことでしょう。

また、看護師は、医師と同様に医療のプロですから、人々の信頼も厚く、社会的認知度の高い職業です。 そして、看護師の資格は一度取得してしまえば、一生使える資格です。 不況の時にも、日本中どこでも需要があり、結婚後も出産後も一生続けることのできる仕事なのです。

看護師の資格と言うのは、国家資格です。国に認定されたどこでも通用する立派な資格です。ですから、看護師になるためには、国家試験に合格する必要があります。そのためには、大学や専門学校などで専門の教育を受けることになります。看護師になるためには、まずこういった専門の教育機関で勉強することが必要です。


看護師から助産師へ

看護師の資格を持っている人は、条件を満たせば助産師として働くこともできます。 お産に立ち会うということで、現在のところ女性しかなることはできません。 助産師になるための試験は年1回行われており、それに合格する必要があるのです。

助産師の仕事というと出産に立ち会うという仕事がまず思い浮かびますが、その他にも妊娠中や産後のケアにも当たります。 女性はとくに初めて妊娠した場合、体が大きく変わりますし体調が思わしくなくて戸惑うこともたくさんあります。

ですから助産師は妊産婦の精神面のケアも請け負うのです。 妊娠中は食事や運動など気を付けなければならないこともいくつかありますから、それらを含めた保健指導も行います。

産婦人科では看護師も働いていますが、看護師は分娩時に新生児を取り上げることができません。 助産師はそれができますし、へその緒を切ることもできるのです。 分娩は特別な知識を必要としますから、助産師だけができる処置もあるのです。

助産師の職場は病院の産婦人科だけでなく、助産院もあります。 助産院には医師がおらず、助産師が管理者となっています。 また助産院の規模は9床以下と定められているので小規模であり、自宅で開業している人もいます。

妊婦さんの中にもあえて助産院での出産を望む人がいますし、助産院ならある程度自分の希望に沿った分娩方法を選ぶことができます。 産婦人科での出産と違い、座位での出産や水中出産など、出産方法にこだわりのある方は助産院を選択する傾向があるようです。

助産師の資格を持っている方は、妊婦さんの希望を叶えられるように自分で思い通りの助産院を開くこともできます。 これは助産師に開業の権利が備わっているためです。 ただ全体的に見ると、助産師の7割が病院に勤務しています。

ちなみに助産院では正常な分娩しか取り扱うことができないので、双子の妊婦さんや逆子の方などは産婦人科で分娩するようになるケースが 多いようです。

  看護師のための転職支援サイトについて   転職後のミスマッチを防ぎましょう

  経験の無い職種への転職について      看護師転職市場について